ナルト 十尾とその正体


ナルトは週刊少年ジャンプで連載されている人気漫画で現在は最終章に突入しています。

最後の敵はうちは一族の創始者のうちはマダラ、
はたけカカシの親友で戦死したはずのうちはオビト、
そして尾獣のすべての集合体の十尾です。

今回はこの十尾について解説します。

十尾は伝説上の存在のため、知る人はあまりいませんでした。

伝説によると十尾はこの世界を作ったとされ、創造神と呼ばれています。

そして現在の忍の全ての祖先にあたる六道仙人と呼ばれている人物が人々を苦しめる十尾を自らの体に封印します。

これは主人公のナルトが九尾の妖狐を封印していたのと同じ事です。

しかし十尾の力が強力すぎてしまい抑え込む事が難しくなりました。

そこで六道仙人は十尾のエネルギーを九つに分け、肉体を月に封印しました。
これが十尾の伝説です。

そしてうちはマダラとうちはオビトは協力し、十尾を使い、
自分の眼を月に投影させ世界中の人々を幻の世界へ誘い、
コントロールして平和することが目的でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>