メモリーカードに写真を長期保存するのは危険


2005年より、溜めに溜めた写真の整理を敢行しました。
今、現在進行形ですが、一応の写真はアウトプットは完了しました。

写真を出して保存しようと動いたのには、2つ理由があります。

一つは、メモリーカードを落としたことです。

もう一つは、立て続けにメモリーカードのメモリーが消えてしまったことです。

この2件の事件が発生したことから我が家では、メモリーカードの保存を禁止しました。

まずは一度パソコンにデータを全て詰め込みます。

CDに写真を焼き付けていきます。

動画はDVDに焼き付けます。

写真に出したものから、ドンドンとパソコン内からメモリーを消していきます。

写真は日付ごとにファイルしていきます。

この作業により、メモリーカードを買わなくてよくなりました。

これまで、全てメモリーカードに保存しておけば問題ないと思っていましたが、メモリーが消えてからは、慎重でかつ行動派になりましたね。

アルバムにまとめているとデジタルにはない、懐かしい気持ちが湧いてきますよ。

何枚かだけでも、実行してみるのもいいかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>