チョコレートを夏場によく放置してしまう話


甘いものが大好きです。

とくにチョコレートをよく食べます。

板チョコや食べきりサイズのものではなく、薄い箱に何粒か入ったチョコレートをよく購入します。

そして購入したチョコレートはいつも鞄の中にしのばせています。

冬場は問題ないのですが、今の時期になると暑さで溶けてしまうことが難点です。

チョコレートは仕事帰りにコンビニで購入してそのまま鞄の中に入れることが多いのですが、
たまに入っていることを忘れてしまうことがあります。

買ったまま何日もその状態になってしまうのです。

そういったときは、いつも大変な思いをします。

箱がふにゃふにゃになり、明らかに中で溶けているのがわかるのです。

そういう場合、封を切らずに一度冷蔵庫に入れて再度固める作業をしなければなりません。

しかし、今度は冷蔵庫に入れたことを忘れてしまう場合があって、それはそれで困ってしまいます。

そんなわけで、私の部屋の冷蔵庫には封を切らないままのチョコレートが数枚放置されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>