夏風邪ではなく夏バテ


この暑い時期になるとよく聞くのがこの二つの用語である。夏風邪になったことは記憶にない。夏バテというのは毎年疲れやすい、食欲が少し減ってきて冷たいものばかり食べる、そんな感じである。

しかし今年の夏バテは早く、そしてかなりきつかった。

7月の終わりに急にお腹の痛さが来て、あまりの痛さに救急病院に駆け込んだ。整腸剤をもらってお腹の調子を整えればすぐに完治すると思っていたが、だるさ、食欲の無さ、熱とやっかいなものが付いてきた。

結果的に3日連続で点滴を打つという人生で初の経験をした。

自分でなんとかしないといけないと思い、ネットで調べると熱いお茶と梅干しがこれらの効果にいいと言うことで、試してみた。そうすると効果があった。もちろんその前の点滴のおかげもあると思うが。

毎日1個の梅干しを今日で3日連続食べている。お腹の調子もいいし、だるさもなくなっている。

あとは体力を付けて、外の暑さに耐えることができるようにしたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>